〔HOME〕

病気について書かれた本はいっぱいあるので、ここでは体験に基づいた病気のおはなしです。
あまり更新したくないコーナーです(笑)

入院したよ
突発性発疹
3歳児検診の尿検査&血尿
4ヶ月児検診で再検診
脱水
とびひ
おたふくかぜ
嘔吐下痢症
鼠径ヘルニア
周期性嘔吐症(自家中毒)?
母乳のお話
みずぼうそう
手足口病
ヘルパンギーナ

入院したよ

万一子供が入院したらどうなるか。うちの子は4回(肺炎、インフルエンザ)で経験があります。だいたいどこも「付き添いが必要です」といわれます。でも、兄弟がいた場合、その子をうちに置き去りにすることはできません。もし、ベッドがあいていたら「兄弟入院」させてくれる場合もあります。元気な方も入院させてもらうのです。その場合、誰も頼れる人がいないと強調しないと難しいです。ただし病気によっては「絶対ダメ」ということもあります。また子供の面会はたいていお断りになっています。
1回目は個人病院でした。「医療費と食事は市の医療補助がでますけど、それ以外の雑費(シーツなど)は個人負担です。」といわれました。
2回目は公立病院でした。ここでは「すべていれて(約)6万3000円までの自己負担分は医療補助がききますのでお会計はございません」といわれました。
3回目は2回目と同じ病院で初診料だけ自己負担でした。入院費は乳幼児医療補助がでました。ちなみに明細に書かれていた金額は約13万円でした。

突発性発疹

赤ちゃんが高熱が3日ほど続いた後、ぷつぷつが出る有名な病気です。
じつはうちの子2人とも、やってないようなんです。お医者さんに聞いても「そんなことはない、知らぬまにかかったのだ」という人と「かからない子もいるよ。ラッキーだね」とか、「ウィルスが2種類あるから2回かかる子もいるよ」「いや、突発は一回しかかからない」などなど、みなさん言うことが結構違う。
「うつるんですか?」と質問しても、「うつらないよ」、「熱のある間はうつります。」「ぷつぷつが出ればうつらない」と様々。育児書には「ヒトヘルペスウィルスの6型と7型によって感染する」とありました。

3歳児検診の尿検査&血尿

潜血反応がプラスでした。朝一番の、子供が起きて動き出す前の尿をとらないと、歩いただけでも毛細血管が切れて出血し、反応が出る場合があるそうです。また健康でも潜血がでる体質の人もいるそうです。
担当の保健婦さんの娘さんは、やはり潜血で再検査や腎臓の検査をしたそうなのですが、悪いところはなにもなかったのだそう。
でも、心配なので半年に一回尿検査をしています。

その後ある日突然、濃い血そのもののような血尿が出ました。入院検査したのですが、幸い腎臓には異常なく、「風邪から起きた出血性膀胱炎」だったそうです。これはかなり痛いらしいです。大体見た目にも症状が派手でかなり心配しました。
入院中は数時間おきに血圧測定がありました。腎臓が悪くなると血圧が高くなるのだそうです。

これで終わりと思った血尿騒ぎ、まだ続きがありました。
また出たのです。それも一回だけ。超音波などで異常が見付からないのです。
可能性として考えられるのは腎臓につながる大動脈と大静脈が交差しているところで、たまたま血管が圧迫されて出血したのでは。。。ということです。念のため数ヶ月に一度尿検査だけはする事になりました


4ヶ月児検診の再検診

上の子は4ヶ月検診で、発育発達不良ということで、再検診を受けました。
前にいた市だったんですけど、その当番のお医者さんはみんなの目の前で「あーこのこはダメネ、首がぜんぜんじゃないのー!」といわれて、とてもいやでした。さらにはミルク、ミルクと母乳のたりなさばかりを指摘されました。次の月に保健所に再検診に行くと丁寧な大学病院の先生だったんですけどね。結局4ヶ月半で首がすわり何ともなかったんですけど。

引っ越して今の町に来てから、下の子はやはり7ヶ月検診で「ちょっとかわいこちゃんですね。でも元気だし平気ですよ。もし心配なら来月体重チェックに来てもいいですよ。」と言われました。
「ちいさい」っていわれるのと「かわいこちゃん」っていわれるのとって全然受けた印象が違います。 しかも、上の子と下の子じゃ、体重身長すべてにおいて上の子の方が大きいんです。下の子は3パーセンタイル(母子手帳の発育曲線の一番下に書いてある線ね)にも入ってなかったのに、「母乳足りてますよ。機嫌いいし、健康ですよ。本当に心配な子供はこんな風じゃありません。」といわれ、さらに「おとうさんもおにいちゃんもいっぱい食べても太らないなら、それは体質ですよ。」とも言ってくれました。

人間を育ててるんだから、個人差は当たり前ですよね。40キロの人もいれば、150キロのお相撲さんもいる。


脱水

脱水は危険ですね。入院したときは2回とも脱水してました。進行するのが早く、あっという間。 肺炎の時は1時間前は遊んでたのに、おとなしいな寝てるのかなと思ってみると、目がうつろになってました。インフルエンザの時は吐くのが早すぎて、水分補給が間に合いませんでした。脱水すると点滴ですが、こうなると入院して24時間点滴になることが多いそうです。一時間に30CCしか点滴できないので、とても時間がかかるからです。
これらの経験をふまえた(?)上で、ちびが脱水になりかけたときは強制的にスポイトで一滴ずつアクアライトを飲ませました。おかげで入院までに至ることなく快復しました。ほんとに子供の脱水はあっという間なので、気をつけましょう。

とびひ

虫さされを掻き壊して、ばい菌が入るととびひになるそうです。うちは毛虫の毒にやられたらしいです。毛虫の毛などは風に乗ってひふに付着すると、たちが悪いそうで、2,3日たってもまださされあとがふえていくそうです。うちの子のとびひは水ぼうそうとそっくりさんでした。
抗生物質を飲み、薬を塗ります。掻かないようにばんそうこうや包帯でぐるぐるまきです。バンドエイドはますます悪くなるので使ってはいけないそうです。粘着包帯が役に立ちました。
おふろでうつるので、とびひの子は最後に入れます。石鹸でよーく洗うようにと言われました。

おたふくかぜ

潜伏期間は約2〜3週間。顔が腫れる2日前からうつりやすいそうで、腫れが引かないと幼稚園には行けません。(登園禁止です)
熱と鼻水が少しでました。顔の腫れは冷やすと楽になるようです。おたふくかぜはかかると自然に治るのを待つしかないのだそうです。一応薬はくれますが、薬は合併症を起こさないように念のため出すといわれました。
食べ物は、酸味のあるもの、固いものはよけいに痛むので出さない方がいいです。さらにおいしそうなものもいけませんつばがでて頬が痛むのだそうです。

ちびはお兄ちゃんが発病した日から、24日目に発病しました。もうかからないかなぁ、と思っているころでした。

嘔吐下痢症

これはひたすら吐きます。そして下痢をします。夏でもかかりました。
親がうつると悲惨です。子育てどころじゃありません。
とにかく脱水しないように気を付けます。吐くのがひどいと薬が飲めないので、吐き止め座薬が出されるときがあります。赤ちゃんの時は便が白っぽくなりました。

鼠径ヘルニア

うちはある日おちんちんのうしろがはれているので気づきました。内臓を覆っている膜に穴があいて、腸がでてくるのだそうです。指で押し戻せば、元通り戻りますがうちはすぐにでてきてしまいました。

1才までだと自然に治る可能性があるらしいのですが、4才だとそういうことはないだろうといわれ、手術を勧められました。なんでもかんとんという状態が危ないらしく、腸がねじれたり、締め付けられたりすることで腸組織が壊死するんだそうです。こわいですね。一応様子がおかしくなったらすぐ来るようにいわれました。
2週前におたふく風邪をやったり、嘔吐下痢症をやっているので、それから一月後くらいがいいですね、と言われ(先生はなつやすみだからなぁ。いろいろレジャーの予定もおありでしょう、なんていってくれました。)、決まりました。

なんと、日帰り手術です。朝、9時に行って(その日はなにも食べてはいけません、水も6時までです)、手術、夜には帰れるのだそうです。そして翌朝外来診察を受けるとのこと。全身麻酔で足の付け根からちょちょちょっと縫う程度らしいです。
術前も、初めての診察時についでにやっちゃいましょうといわれ、心電図と血液検査、レントゲン(肺炎をやったことがあるからかな?胸部のレントゲンでした。)でした。

いよいよ手術の日は前述の通り、絶食で行きました。血圧や血液中の酸素をはかり、看護婦さんが問診し、先生が診察します。10日前に風邪をひいていましたが、これは大丈夫でした。
朝、2番目の手術なので、11時半に手術室に入りました。12時半に終了。麻酔をかけたりさましたりする時間があるので、手術自体は15から30分だったそうです。点滴を付けて、看護婦さんにだっこされて泣いてました。すぐに点滴(水分補給)に痛み止めを混ぜてもらい、すぐ眠りました。2時間寝て起きて、トイレにも行けました(さすがに歩けませんでしたが)。3時半に一口水を飲んで、4時に水分(水、お茶、ポカリスエット)の許可がでました。5時過ぎに先生の診察があり、退院となりました。
傷口にはばんそうこうが貼ってあるので、まだわかりませんが、おはなしでは2pくらいおなかのしわに沿って切ったようです。次の日には歩き、病院に診察に行きました。

翌日の診察は先生がおなかをちょっと見るだけ、ばんそうこうもはがしませんでした。次は1週間後。5日後からシャワーは浴びていいそうです。ばんそうこうは貼ったままということでした。

1週間後の診察では、ばんそうこうをはがしてちょっと手術跡を見ただけでした。この日からおふろとプールが許可されました。今度は手術跡にテープを貼ってもらいました。1週間つけたままにしておいてくださいと言われました。これで、病院通いも終了しました。ちらっと見た限りでは傷跡はおなかのしわに沿ってるので、あまりよく分かりませんでした。

費用は全額公費負担でした。うちのあたりは医療補助が6才まででるのです。

おなかのしわに沿って切ったので、1年立てばすっかりわからなくなるくらいにきれいになりました。手術後半年くらいまではちょっと皮膚の色が違っていましたが、時間がたてばきれいになるみたいです

周期性嘔吐症(自家中毒)?

うちの子はよく食べ物をもどします。もともと熱がでるとすぐもどすたちなのですが、ふつうにしていても突然吐くことがあります。どんなときに吐くかよく観察してみると、どうやらストレスのかかったとき、興奮したとき、疲れたときによくもどすようです。神経質な子供に多いそうです。

吐き方がとても派手なのでびっくりしますが、吐いてしまえば割とけろっとしています。それでも元気がないときは、少し眠ればたいていよくなってます。幼稚園に入園した頃は、朝行きのバスの中で何度かもどしてたのですが、幼稚園に着くと「はいちゃったから、きがえる」といって自分で着替えてその後は元気よく遊んでいるそうです。

お医者さんに相談したところ、神経質な子供はよくあるそうで、大きくなれば(小学生くらい)吐かなくなるから温かく見守っているしかないのだそうです。
一応カバンには常にエチケット袋を持たせてます。幼稚園になれるに従って、もどす頻度は減ってきているように思います。

↑1年前に書いた文章です。実はこの前嘔吐下痢症になったのをきっかけに、吐くのが止まらなくなりました。血のような物や緑色の胆汁まで吐いてぐったりしたので入院しました。どうも周期性嘔吐症のようです。風邪などをきっかけにはきはじめることもあるようです。脱水がひどくなると危険です。


母乳のお話

うちの子たち、全然太らないんです。ものすごく食べても太れないようです。で、上の子が産まれたときは体重の増えもよくないし、子供も寝ないし、検診で「ミルクを足したら?」といわれ、いわれるがままに混合となっていきました。
2人目も同じような経過をたどりそうでしたが、ある助産婦さんに「おっぱいだより集(メディカ出版)」という本を薦められました。この本で紹介されている母乳育児は、マッサージとかではなく、ただただひたすら子供に母乳を与えることでした。本では、離乳食まで母乳以外のものを与えない、おむつが良く濡れていれば母乳は足りていることなどが書かれ、母乳育児の体験談が載っていました。で、私も1日20回でも子供が泣き続ける限りやり続けた結果、母乳のみで過ごせました。

それでも本の体験談にもうちの子より小さい赤ちゃんの話は載ってませんでした。3ヶ月目の検診でかなり小さかった(2950グラムで生まれて、4800グラムしかなかった)のです。上の子の時とは違う町だったのですが、そこの保健婦さんたちがとても理解を示してくれて、「大人だってすごい太った人とがりがりの人がいるんですから、赤ちゃんだってそうですよ。こんなグラフに入ってなくてもこの曲線に沿って増えてればいいんです。お兄ちゃん(上の子)も食べても太らないということでしたら、体質だと思っていいですよ」と言われました。

結局1歳でも7キロあるかないか、2歳で9キロという小ささです。離乳食をあきれるほど食べますが、やはり大きくならない体質だったようです。
また、私はあまりはるタイプではなかったのですが、うちのあたりではそういうのを「湧き乳」といって、大変理想的な母乳の出方だと近所のおばあちゃんに教えてもらいました。それでも詰まってしまい、乳腺炎になりました。39度の熱がでて苦しかったですが、細い糸のようなものがでてきて(これが詰まっていたようです)直りました。

水ぼうそう

以前皮膚科で「とびひの最初と水ぼうそうの最初はそっくりです。」といわれていたのですが、確かによく似てます。違いは「水ぼうそうは頭の中にもできる」ことだそうです。似てるのは最初だけで徐々に水ぼうそうはふくれて水膨れになります。大きくなると痛いらしく、つぶれたときはかなりな物みたい。最近ではよいお薬があるので、発病したら早めにのめば5日くらいで治まってしまいます。あとは白絵の具によく似た塗り薬を塗っていました。
あとは残るのかなと思っていましたが、よほど大きな発疹でなければ1月であとはほぼ消えてしまいました。

手足口病

熱が出て、口の中には口内炎、手のひらと足の裏にあかいぷつぷつができました。
症状自体は軽いのですが、婦人科のHPで「妊娠初期にかかると流産の可能性も否定できない」とありましたので、こどもを外に遊びに連れ出したり、幼稚園に通わせるのは控えた方がいいかもしれません。

ヘルパンギーナ

夏風邪の一種だそうです。高熱が出て、のどの奥にぷつぷつができました。