〔HOME〕

さんちゃんがいいなと思った本を紹介します。

エンバリーおじさんの絵かきえほん なんでもかけちゃうよ

作者:エド・エンバリー 日本語文字:よこやまなおこ
出版社:偕成社
この本を見れば、何でもかけちゃうようになりますよ。いろんなものの書き方を順を追って説明しています。簡単な図形の組み合わせで描けるようになっています。


よくみて よくみて にたものランド

作者:ジョーン・スタイナー 訳:まえざわあきえ
出版社:徳間書店
ぱっとみただけだと普通の風景だけど、よくみるといろんなものが隠れてる。。。すごく楽しい絵本です。


ねずみくんのチョッキ

作者:なかえよしお 絵:上野紀子
出版社:ポプラ社
ねずみ君の絵がかわいい!字が少ないけど、繰り返しのおもしろさが楽しめます。ねずみくんの絵本はシリーズ化されています。続きに「また!ねずみくんのチョッキ」「またまた!ねずみくんのチョッキ」があります。


はたらきもののじょせつしゃけいてぃー

作者:ばーじにあ・りー・ばーとん
出版社:福音館書店
こまかーい絵には見るたびに発見があります。いろんな車がのってます。雪で真っ白になった画面に「けいてぃー」がくると、町がどんどん現れます。9ページの地図と見比べるのが楽しい。ちびが好きな本です。


ちいさなおうち

作者:バージニア・リー・バートン
出版社:福音館書店
「けいてぃー」と同じ作者です。こちらはさんちゃんが幼稚園の時に大好きだった本。2年ほど前に「こどもちゃれんじ」のおすすめ本おしえてコーナーでも紹介させてもらいました。
やはり細かい絵でおうちの周りの変化が描かれます。環境問題についても考えさせられます。